« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の16件の記事

2007年11月26日 (月)

乗務4ヶ月目のまとめ

休みの関係で少し早く乗務4ヶ月目が終了。10月が悪かっただけにそこからの挽回を期待したものの、あまり景気の良さを実感できないまま終わった感じでした。

数字としては、10出番で税抜営収が約54万円と、1日平均5.5万円という目標にはわずかに届きませんでした。3万円台が1回、4万円台が3回、5万円台が4回、6万円台が1回、7万円台が1回。やはり3万円といった凹みが一度でもあると取り戻すのが難しいなあと実感。ただ、家族の都合で出番が大幅にずれてしまい、10回中3回が日曜出番、1回が祝日と、平日に6回しか乗っていない上に、まともな金曜日は1回のみ。それでこの数字になったことは逆に我ながら驚きというか、何が良くて何が悪いのかよくわからない(笑)

そして、今月から無線が取れるようになったものの、それが売上に貢献しているかというと、むしろ逆。3千円が1回あっただけで、あとは全て千円台かそれ以下というのが痛かった。これからは良い無線が出る場所の研究もしっかりしないと。無線でチケットという組み合わせを狙ってみたい。

体調は相変わらず快調そのもの。生活リズムもキープできていて、これといって仕事に支障はありません。もちろん睡眠時間に最大限の配慮をしている&してもらっているお陰。家族の協力がなければ成り立たない仕事だなあと実感。

来月は12月。当然のことながら忙しい時期、ここで稼げないようでは適性が疑われてしまう。ただがむしゃらに流しているだけでも数字は作れるはず。それに一工夫して、流す場所・着ける場所を考えた営業を心がけたい。そして、ロングを狙いたい。12月3日からの運賃改定で、深夜割増が3割から2割になり、年末ということもあってロングのお客さんを狙う条件は整っているはず。ということで、目標はやはり1日5.5万円。これは是非達成したい。

ところで、今月は1万円超のロングが何と1回しかありませんでした(涙)。始めたばかりの8月ですら5回あったのに、下手に色々考えて営業した結果チャンスを逃しているのかも。これは十分な反省が必要。

 <乗務4ヶ月目のまとめ>

 乗務日数 10日
 営業回数 327回 1日平均 32.7回  (前月29.7回)
 走行キロ 3174km  1日平均 317km  (〃 305km)
 営業キロ 1432km  実車率 45%  (〃 40%)
 営収 54万2千円  1日平均 5万4千円  (〃 59万1千円・4万9千円)

 1万円超え 1回  最高額 1万1500円(西麻布~鶴見~下丸子)

 事故0 違反0 忘れ物0 帰庫遅延0 欠勤0 有休0

 怒られた回数 0回
 怒った回数 0回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗務48回目 今月最後の出番

11/25(日)は今月最後の出番。これが終わったら4連続公休で、明けを含めると5日間休むことになる。何とか11月の平均を5.5万円に乗せるべく気合いを入れて9時過ぎに出庫。

午前中はやはりライバルの空車が少ない。前後に他の空車がいない状況でじっくりお客さんを探すことができる。短距離のお客さんばかりだったものの、ぽつりぽつりとつながって都心へ。水道橋から秋葉原あたりでちまちま営業し、昼前に東京駅八重洲口へのお客さんを乗せたのをきっかけに八重洲~有楽町~銀座方面へ。

それにしても短距離のお客さんが多すぎて、なかなか数字が伸びない。どこかへ連れて行って欲しいと思っていたら、有楽町の人の群れの中で手を挙げている人を発見。それに気付かない空車が何台か通り過ぎた後で寄せる。西銀座から首都高利用で台場のフジテレビまで。台場に来てしまったからにはビッグサイトへ。今日は都心に人が多いからビッグサイトに来ている車も少ないだろうと思ったら、案の定10台ほどしかいない。それでもお客さんはぽつりぽつりで、のんびり休憩しながら待つことに。しかし、1時間強待って東雲まで…。ビッグサイトの中からではなく、通りすがりの人が中のタクシー乗り場に入って来た。こういう場合はほとんど近場。

また戻って1時間待つのは嫌だったので都心方向へ。するとまた近場のお客さんが続き、豊海埠頭で15時を迎える。

15時の営収は1万4千円。やや早めに出てきたことを考えると良くはない。しかもここまでの営業回数は15回。1回あたり千円を切っている。これでは手間ばかりかかって数字は上がらない。

15時からは人ごみの銀座をぐるぐる回ってみるもののスカ。東京駅八重洲口に並んでみる。いつも通りお客さんは行列、しかし流れは悪く30分近くかかってようやく先頭に、千駄木まで。戻って根津から京成上野まで、降車場所から砂町銀座までとお客さんが続く。16時台に限っていえば6千円近い営収を上げることができた。しかし次の17時は660円のみ、という具合にでこぼこな数字。17時半にビッグサイトに戻り、40分ほど待って銀座へ。そこから東京駅八重洲口を覗いたらお客さんがいないのに長い待機列、ということで日本橋口へ。10分でお客さん、六本木ヒルズまで。近場で何度かやって水道橋へ。ここで20時になる。

20時の営収は2万7千円。やはり最低限はできているという感じ。このままいけば0時までに4万円、うまくいったらトータルで6万円ほどか。しかしうまくいくかどうか。

水道橋からは近場で何度かやって市谷~四谷~ニューオータニへとお客さんが続く。赤坂から新橋へ、そして銀座へ。8丁目周辺で何度か近場との往復営業。未だにロングのお客さんには巡り会えない。銀座に飽きて霞ヶ関経由で六本木へ向かおうとしたら、財務省近くでお客さん、大橋まで。官庁街は要所に個タクが待機しているけど、今日は日曜日ということでいなかったらしい。六本木も渋谷も空いていて快調にトンネルへ。

と、トンネルに入ったらいきなりの大渋滞。全く動かなくなる。工事渋滞にしてはひどすぎるし、ナビには何も表示されていないので、これは事故に違いないと思っていたら、しかし工事渋滞だった。何と40分もかかって到着、お客さんにはいつもの倍の料金だったと文句を言われる。しかし場所的に迂回路もなく、貴重な割増入り直後の時間を完全に潰されて、こっちが泣きたい気分だった。帰りはがらがらで、まっすぐ六本木のミッドタウン前へ戻ったところで0時になる。

0時の営収は3万8千円。やはり工事大渋滞が痛かった。今日は日曜日で深夜はあまり期待できそうにない。これでは5万円に届くかどうか…

0時過ぎにミッドタウンから丸の内ホテルへのお客さん。陽気な白人2人組で、ナイスなガールがいるクラブを知らないか、テッパンヤキが美味い店はどこかなどと聞かれる。答えたいけど普段行かないので知らない。とりあえずジョジョエンにヤキニクを食いに行けと言っておいた。2100円の料金に対して300円のチップをくれる。向こうでは普通のチップだとは思ったけど一応間違えていないか確認すると「オーケーオーケー」。「サンキュー、グッナイ」「アリガトゴザマシター」と陽気に降りていった。

ところで、外国人観光客の場合はお金を間違えることが結構ある。1万円札と千円札を間違えた人もいた。中には小銭を数えられなくて、じゃらっと渡してその中から取ってくれという人もいた。なので自分はよくわかるように「百円、二百円…」と見せながら数えるようにしている。お釣りも同じ。そしてレシートは必ず渡す。こうすればお客さんも後で「チョロマカサレテナイカ?」と不安になることもないだろう。

さて、丸の内からは新川へのお客さん。そこから銀座を一回りして六本木経由西麻布へ行ったら待機列から離れた場所で祐天寺へのお客さん。再び西麻布に戻ったら全く同じ場所で麻布十番へのお客さん。またまた戻ったらまた同じ場所で都ホテルへのお客さん。待機列からちょっと離れているだけなのに随分違うものだ。しかし近場だったので何ともいえない…

3時になり、営収は4万5千円。今日は少し早めに出たので、あと2時間くらいやったら帰る準備をしなくてはならない。何とか税抜き5万円に乗せようと頑張って流す。しかし街はもう閑散としている。結局4時前までお客さんゼロ。諦めて1時間早く営業所に戻る。結局だめだったか、と納金準備を始めたところで、本日初めての無線が鳴る。時間は4時半。これはひょっとしたら…と期待しつつ急行するものの、近くまで。まあいいかと帰ろうとしたら思いがけず手が挙がり、近所の駅を回って4千円近くになる。これが実質的に本日の最高額だったのには笑った…

本日は38回税抜4万8千円、チップは5回で750円でした。これまでの日曜日と比べて明らかに空車が多かったのは、3連休ということで金曜・土曜と振り替えた人が多かったということだろうか。それにしても3連休のうち2日が出番というのはやはり無謀だった(笑)

これで今月の出番は終わり。来月はいよいよ12月、ここで稼がずにいつ稼ぐということで、気合い全開で頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

乗務47回目 当てが外れて…

11/23(金)は祝日。給料日が25日の人なら既に22日の木曜日には給料が振り込まれているはずということで、それなりに人出はあると予想。そこで少し期待しつつ10時前に出庫。

と、出庫後は営業開始前にまず近所の書店へ。ミシュラン東京版が昨日発売になったので、お客さんとの会話のきっかけにでもなればと買いに行く。ところが店の前の路上で開店を待っていると、窓をコンコンされる。「休憩ですか?」「いえいえ、大丈夫ですよ。」と、唐突に営業開始。近所の神社まで行き、まあラッキーだったなと本屋に戻ってみたら、既に売り切れ、しかも開店直後に来たお客さんが最後の1冊だったとか…失敗!

気を取り直して営業再開。都心へと向かうと、連休初日ということでかなりの渋滞。うんざりしながらどう迂回しようか考えていたところに無線が。つい今しがた通り過ぎたホテルへの配車だったものの、反対方向かつUターン可能な場所まで行くのにかなりの時間がかかりそうだったため、その旨連絡したところキャンセルになってしまう。ところがその直後に再び無線。今度は余裕のある配車だった。ちょっとは考えてくれたということだろうか。お客さんは初めてうちの車を呼んだ年配の方で、気に入ってもらえたようで次もよろしくと言われる。会社の売上にちょっと貢献したかも。

しかし、その後は暇になる。新宿をしつこく回ってみるもののスカ。人は大勢いるし実車のタクシーが多いのに、何故か自分はチャンスがない。千駄ヶ谷~南青山、西麻布~六本木~白金台~五反田駅~高輪とお客さんはあったものの、空車の時間のほうが長かった。粘ろうかと思ったものの休憩ということでビッグサイトへ。

ビッグサイトでぼーっと待っていたところに、思いがけず無線。慌ててタクシープールを出ると、出たところでキャンセル…。初めて有明で無線が出たので興奮してしまった。とぼとぼと戻り、待っている間に15時になる。

15時の営収は1万円。最低レベルを下回っている。しかし人出はあるので期待はできる。

さて、30分ほど待って先頭に、京橋まで。その後は丸の内~有楽町で細かく営業するものの、なかなか数字が上がっていかない。17時過ぎになって茅場町から千住緑町へのお客さん。3500円ほどになるものの、水戸街道は大渋滞。時間ばかりが過ぎていく。戻って東京駅に2回並んだものの、近場のお客さんのみ。そこで本日2回目のビッグサイトへ。

もう終わった感じで空車も少ない。しかし、中ではまだ何やら賑やかな懇親会をやっている。そのことを察知した人だけが残っている感じで、皆期待している。ところが、いつまで待っても人が出てこない。そして、やっと出てきたと思ったら、皆さん係員に誘導されて徒歩で駅のほうへ向かって行ってしまった…。完全に当てが外れて離脱する人、仮眠を始める人。自分は2台目だったのでとにかく実車で離脱することに決める。途中20時になる。

20時の営収は2万円。これまた最低レベルを下回っている。しかも賭けが外れたので今後の当てがない。これは困った。

うとうとしながら、結局21時頃になってようやくお客さん、銀座まで。御門通りからコリドー通りへ抜けたところでお客さん、新宿まで、首都高利用で4千円弱になる。これが本日の最高額。そこからは新宿周辺で営業。終電まで近場でやってその後のお客さんに期待する作戦で、千駄ヶ谷へ、代々木へ、弥生町へと細かく往復。本当は往復したいわけじゃないんだけど(笑)。

0時の営収は3万1千円。これは4万円台のペースで、良くて5万円台、それ以上はちょっと期待できそうにない。とにかく平均5.5万円に少しでも近付けるようぐるぐる回る。

しかし0時を過ぎてもロングのお客さんに巡り会えず、延々と新宿周辺を回る。1時過ぎに経堂駅へのお客さん、降車場所で成城学園駅へのお客さんと続き、都合6千円ほどになったものの、まとまった仕事はこれだけ。3時前に市谷柳町へのお客さんがあったので、そのまま外苑東で六本木へ。

3時の営収は4万1千円。見事に4万円コースを突っ走っている(涙)。そして休日の早朝になり、もうお客さんは期待できそうにない。

それでも六本木で頑張ろうと思っていたのに、そういうときに限って西新宿5丁目へのお客さん。もう完全に諦めて西新宿のホテルを回り、そのまま営業所方向へ何度かお客さんを乗せて終了。うーん、今日は人はいた。見慣れた着け待ちの列がない場所もたくさんあったし、ゾンビ状態とはいかないまでもそれに近い状況の時間帯もあった。それなのに何故…

本日は33回・4万7千円、チップは4回940円いただきました。祝日とはいえ金曜日にこれでは、次の日曜日は一体どうなるのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

乗務46回目 忙しいのか暇なのか

11/21(水)はきっと暇だろうなと思いながら出勤。何故なら、月末でも給料日前でもなければ雨でもない、ごく普通の日だから。一応イベントとしてはビッグサイトで幾つか、あとは国立競技場でサッカーの試合がある。しかしこれといって狙いも定まらず、まあ適当にやろうと10時半に出庫。

するといきなり地元の無線が3連発。全て近場だったものの、無線が鳴るということは近くに他の空車がいないということだから、もしかしたら全体的に忙しい日なのかもしれない。その後もぽつりぽつりと地元のお客さんが続き、中に入れなくなってしまう。2時間かけてようやく新宿へ。

新宿はどこも渋滞。何とか逃げたい(しかもお客さんに乗ってもらって)と思っていたら、思惑通りに六本木へのお客さんをゲット。その後は丸の内~築地~海岸と営業して、いつものようにビッグサイトへ。

ビッグサイトに入ると同時に携帯が鳴る。湘南新宿ラインが止まっているという情報。ということは、りんかい線にも影響があるんじゃないか?迷った挙げ句、ビッグサイトを抜け出して国際展示場駅へと向かう。しかし、影響はゼロ…。戻るのも癪だったので有明~台場をぐるぐる回ってみる。しかし成果ゼロ…。1時間近く無駄にして、とぼとぼとビッグサイトへ戻る。

15時の営収は1万円。目標が4万円台ならこれでもいいけど、5.5万円にアップした今となってはかなりまずい数字。夜はどうなるかわからないから昼のうちに何とかしておきたい。

ビッグサイトはそこそこの流れで、30分待って泉ガーデンへ。そこで六本木周辺の営業に切り替える。人は多いし手もそこそこ挙っている。ミッドタウン近くでまた泉ガーデンへのお客さんを乗せ、桜田通りへ降りてみたら前後の空車が次々と実車になっていく。ところが自分には回ってこないばかりか、気が付いたら大渋滞の中にいた。たまらず虎ノ門病院方向へと逃げる。と、いつもは昼間から列ができているのに今日は列がない。そしてお客さんが待っている。土橋から首都高に乗って一之江で下りて篠崎まで、箱崎の渋滞があったものの30分で5千円ほどに。昼間の高速仕事は嬉しい。しかし、タクシーが不足していた都心とは違い、全くお客さんのいない不毛な京葉道路をとぼとぼと帰るはめに…。木場で短距離のお客さんを乗せた後は、やっぱりビッグサイトへ。

今度も流れは良く、25分ほどで先頭になり、豊海町へ。降車場所でお客さん、新橋駅へ。新橋ではタクシープールが空になっていてお客さんが列を作っている。芝浦へ。芝浦でもそこかしこでタクシーを探す人の姿が。ぐるぐる回ってみると、箱崎町へのお客さん。そこで東京駅八重洲口を見に行ってみると、お客さんの長い行列ができていたので並んでみる。

途中20時になる。20時の営収は2万7千円。少しペースを回復したけど、もうちょっと頑張りたい。

20分ほどで先頭になり、築地交差点へのお客さん。銀座を回ってみたら、有楽町駅へのお客さん。再び八重洲口に並んでみたら、蛎殻町の東横インへのお客さん。ナビでも地図でもぱっと東横インを見つけられなかったので、ナビの50音順検索でちまちま探して発見する。結果的に素早く着いて喜ばれ、ついでに手間暇かけて探したことが気に入ってもらえたようで(自分が知らなかっただけのことなんだけど)、「明日の朝もお願いしたいんだけどいいかしら?」とのお言葉。しかし出発が9時とのことで断念(涙)。会社の番号に電話してもらうようお願いする。

その後は銀座へ。三原橋交差点で昭和通りから晴海通りに入る右折レーンに止まったら、若い女性のお客さん、池袋まで。実車に入れる前に行き方を話していたら、思いがけず

 ピーーーーー

と無線が鳴る!銀座で無線?こ、これはもしや噂の長距離では?一瞬、右折レーンからだと遠回りになるので直進か左折レーンの車を拾ってください、と言いたくなる(笑)。しかし泣く泣く無線をキャンセルして池袋へ。4千円ほどになる。まあ、これでも十分有り難い。

池袋からは新宿経由で西麻布を目指す。大京町あたりでは反対車線でタクシーを探している人が何人かいる。ふと気が付くと、反対車線を走っているのは実車のタクシーばかりで、空車が1台も来ない。何かあったのか?と、国立競技場でサッカーのオリンピック代表の試合があったのを思い出す。ラジオをつけてみると、試合が終わってゲーム内容を振り返っているところだった。これはチャーンス!とそのまま国立競技場へ直行。するとタクシーを求める人の群れが。大久保、三宿、富久町と3回営業するものの、それで終わり。こういう人がわっと同時に出てくるイベントは終わるのも早い。しかし気分が盛り上がった。その後はちょっとした興奮状態で新宿周辺で営業して0時になる。

0時の営収は4万2千円。いつの間にか6万円を狙えるところまできていた。一発ロングがあればそれ以上も…

と思っていたのもそのときだけ。0時を過ぎたら急に寒くなり、それに合わせるかのようにお客さんの姿も見えなくなる。そこで西口地下ロータリーへ。流れは悪く、25分ほどでようやくお客さん、荻窪まで。新宿へ戻って何度か営業し、疲れたので西口の飲み屋街に着けてみる。ぽつりぽつりとお客さんが出てくるものの、30分ほどが経過。もうお客さんは路地を流している車に乗って帰ったんじゃないか、と思っていたら、二人組の男性が出てくる。明らかに個タクを探している感じだったけど、見つからないので仕方ないか、といったふうに自分の車へ。下高井戸経由で花小金井まで、9千円近くになる。こういうのがあると本当に助かる。

3時の営収は5万6千円。その後何度か営業し、眠たくなったので1時間ほど横になり、最後に高円寺から汐留へのお客さんを乗せたところで回送に入れて帰庫。

終わってみれば38回・5万9千円(税抜)と、いつの間にか目標を達成できていた。結局のところ暇な日だったのか忙しい日だったのかよくわからない。もしかしたら今週末が3連休で金曜日が休みというのが関係しているのかも。何だか金曜日が怖い…

本日のチップは4回500円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ところで! コメント歓迎ですよ

ふと思ったのですが、いくら思い付きで始めたブログとはいえ、また自分の復習・記録の意味が大きいブログとはいえ、ここを見ている方が何を感じているのか、何か自分の仕事ぶりに問題がないのかを知りたくなってきました。そこであえて書きます。

  コメント歓迎です。

こう書くと普通なので、あえて書きます。

 

  コ

 

ブログのトップに移動してみました。

同じ仕事をしている方からの励まし・ツッコミ大歓迎。これからタクシードライバーになる方からの相談事も大歓迎。雑談的な感じでまあ気軽にどうぞ。もし話が盛り上がらなかったら、そのときはそのときで…

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

乗務45回目 ちぐはぐな1日

11/18(日)はぽかぽか陽気の休日ということでのんびり出庫。今日の狙いはビッグサイトただ一つ。複数のイベントが入ってそれなりの動きが予想されること、チケット契約先が関係していること、都心は東京国際女子マラソンの交通規制があることなど、日中はビッグサイトで過ごす条件が揃っている。

と、いきなり出庫から1時間以上お客さんゼロでなかなか都心に入れない。先週の日曜日はライバル不在で調子が良かったけど、今週はそこそこ空車も目立つ。そしてお客さんの気配は薄い。中に入って有楽町でようやく山の上ホテルへのお客さん、次は秋葉原から二番町へのお客さん。なるべく人の多そうな場所を探して流すものの、成果が上がらない。そこで新橋駅東口乗り場に入ってみる。空車は禁煙車が0台、一般車が3台。ここの禁煙車乗り場はいつ見ても流れが良くて羨ましい。空車がゼロでお客さんが待っていることも多々ある。

10分ほど待ってお客さん、羽田空港まで。昼間の羽田行きは嬉しいけど、新橋からなので5千円台だった。羽田からはビッグサイトへ。行ってみると空車は20台ほどと、予想より少ない。しかしお客さんも予想より少ない(笑)。1時間少々待って東京駅まで。今回は2660円だった。八重洲口の降車場所のすぐ先で浜町へのお客さんを乗せ、15時になる。

15時の営収は1万2千円。これはちょっと良くない。先週とは比較にならない低調ぶりに不安になる。

ここで悔しい出来事が。茅場町で乗せたお客さん、行先はウインズ銀座。馬券を買って戻ってくるので待っていてくれと言われ、近くに車を停めて待っていると、外国人の夫婦に窓をコンコンされる。日本語が話せないらしくメモ紙を持っている。そこには

 『お台場のヴィーナスフォートまで行ってください』

と書いてある。ビッグサイトに戻りたい自分としてはまさに最高のお客さんなのに…悔しい!仕事のリズムを掴みそこねた気がしてがっかりしてしまった。

しかし銀座は人が溢れていて、空車はそれほど多くない。これはチャンスともう一度行き、昭和通りから中へちょこちょこ入って営業、その後は築地へのお客さんを乗せる。そこでふと晴海の客船ターミナルを覗いてみようと行ってみる。ビッグサイトでコミック関係のイベントがあるときは、同時に晴海でもイベントがあることがある。晴海は場所的に不便なのでタクシーの需要がありそうな気がした。行ってみると何やら人だかりが…。まだ終了時間には早いのか、人は出て来ない。そこで休憩を兼ねてタクシー乗り場の先頭で待ってみることに。30分ほどでようやくお客さん、有楽町駅まで。近場で2回営業してまた晴海に戻ってみると、今度はどんどん人が出てくる。ピストン輸送で3回、勝どき・築地・勝どきまで(笑)。そしてぱたっと人がいなくなり、20分ほど粘ってみるもスカ。

ビッグサイトへ戻ると、空車は少なくお客さんは多い。15分ほどで東京駅へのお客さん。こんなことなら晴海でうろうろしてないでさっさと戻ってくればよかった!何ともちぐはぐな行動をしてしまったと後悔。ちなみに料金は2580円だった。降車時点で20時になる。

20時の営収は2万5千円。やはりスローペース。しかも自分で組み立てた作戦を自分で崩してしまった結果だから悔しい。

その後は新川周辺で細かく営業し、改めてビッグサイトへ行こうと晴海通りの右車線を走っていたら、晴海トリトン前で手招きしている人が見える。かなり無理があったものの車線変更して止める。箱崎から千住新橋まで首都高利用で足立まで。5千円ほどになる。嬉しかったものの、亀戸に寄って環七に出て水戸街道で戻り、途中浅草近くでお客さんを乗せるまでずっと空車のまま。更にそこから銀座経由で新橋まで空車のまま。芝3丁目へのお客さんを乗せた後はまた銀座へ行ってみる。日曜日の割には人はいる印象だけど、空車はもっと多い。そこで東京駅八重洲口へ。流れは悪く、30分ほどかかってのろのろと乗り場へ。少々だれた気分で年配のお客さんを乗せる。

 「あのね、甲州街道のね。」
 「はい。」
 「ひばりヶ丘まで行ってくれる。」
 「かしこまりました。首都高は…」
 「そうだね。神田橋から、もう空いてるから永福まででいいか。」
 「かしこまりました。」

目が覚めるようなオーダーに急に元気になる(笑)。30分ほどで8千円に。そこからは甲州街道で新宿へ戻る。初台あたりで0時半、迷わず西口地下へ直行。平日より若干流れは悪いものの、25分ほどで乗り場へ。光が丘まで、山手通り~新目白~目白~豊島園通りで思ったより早く25分ほどで到着、5千円になる。ついでに光が丘駅の乗り場で最後の1人のお客さんを乗せて1500円ほど上積み。再び新宿へ。しかし今度はお客さんがいない。3丁目から曙橋近くまで、抜弁天近くから区役所前までと近場のお客さんを乗せたらあとは暇になり、3時になる。

3時の営収はちょうど5万円。あと8千円やれば税抜きで5.5万円の目標を達成できる。夜までの低調ぶりを何とか取り戻すことができた。やはり高速仕事は有り難い。

3時からは新宿周辺で営業。目白へ、中野区本町へ、弥生町へと千円台のお客さんがぽつりぽつり。早稲田~池袋と流されたので山手通りで新宿へ戻ろうとしたら、大きな旅行かばんを持ったスーツ姿の男性が。羽田か?と期待したら、新宿の成田行きバス乗り場まで(笑)。バスの後ろでお客さんを降ろし、さあ回送に入れて帰ればぎりぎり帰庫時間に間に合うぞ、と思ったら若い女性に「いいですか?」と声をかけられる。青葉台まで。帰庫オーバーは確実だったけど、コンタクトをなくして物が見えず、タクシー乗り場を探すことすらできないとのこと。しかも関西からの高速バスで新宿に着いたところで、右も左もわからない。そんな人を乗せないようではタクシードライバーとは言えないだろう、ということで大急ぎで山手通り沿いの目的地へ。1日の最後に良い事をしたので気分は良かった。

結局本日は34回・5万8千円と、何とか目標は達成できました。自分のペースを崩したちぐはぐな1日だったのでそれだけが残念。次からはもっと信念を持って営業しなければ…。

チップは0円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

生活リズムができてきて

自分は最初から隔日勤務には対応できていて、睡眠不足に悩まされることもほとんどありませんでした。更にこのところは一定のリズムのようなものも掴めてきて、概ね安定した生活を送っています。出番-明けの日課はこんな感じ。

071116

朝は7時前後に起床。だいたい家族が起きるのと同時に自然に目が覚める感じで、それから2時間かけてゆっくり食事・トイレ・シャワーを済ませ、天気やイベントをチェックしてからのんびりと会社へ。出庫前の作業に20~30分かけ、一服して作戦を練ってから出庫。ここまではとにかく余裕たっぷり。

乗務中は頑張って仕事に励む。基本の18時間で帰ってもいいけど、ほぼ毎回20時間ぎりぎりまでやってから帰庫。体力的には特に問題なし。

帰ってきたら手早く納金を済ませ、車を洗車の人に預けて帰宅。速やかにやれば10分で終わる作業だけど、他の人と軽く話をしたりして大体30分ほどかかる。帰って朝食を食べたらすぐに眠気が襲ってくるので、シャワーを浴びるかそのまま就寝。大体6時間、早いときは4時間程度で目が覚めて、後はのんびり。テレビを見たり、散歩に出かけたり、再びだらだら寝てみたり。夕食後ものんびりして、眠くなったら布団へ。

初めのうちは明けの日の午後を有効に使うことなどできなかったけど、今では公休並みとまではいかないものの普通に起きて過ごせるようになった。ブログを書くのも適度な骨休めになっている気がするし、道の復習にもなるので一石二鳥。

このところは家の用事や前の仕事の整理など明けの日にすることが多いけど、特に負担に感じることもなく、マイペースでやれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗務44回目 だらだらと過ごした木曜日

11/15(木)は何故か朝から頭がしゃきっとしない。睡眠も足りているし体調も悪くないのに、理由もなくやる気が出ない。まあこんな日もあるさとのんびり出勤。今日はまず大幅な出番変更の申告。家庭の都合で全部で7回の出番を変更し、6連続出番と5連休を作る。こういうことが可能なのも自分一人で車を使っているためで、何かあったときは本当に助かる。

さて、のんびりと10時半に出庫し、近くの駅へと向かっていると、今日も朝イチでピーーー。すぐ近くのマンションのオーナーさんを近くの病院まで送る。その後は新宿~表参道~赤坂~新宿~ニューオータニ~南麻布と、ぽつりぽつりとお客さんが続く。今日はそこそこ人の気配はある。南麻布からは芝公園~浜松町経由で海岸通りへ。お客さんがなかったらビッグサイトへ行こうと思ったら、そういうときに限って手が挙がる。海岸3丁目~品川駅港南口~銀座8丁目~霞ヶ関ビルとお客さんが続き、15時になる。

15時の営収は1万5千円。目標が5万円ならまずまずのペースだけど、今月から目標を5.5万円に設定したので大した余裕はない。それでも夜に備えて休憩をとっておこうということでビッグサイトへ。

ビッグサイトはそこそこの流れ。30分で先頭に、勝どきまで。再び戻ったら次は40分、フジテレビまで(泣)。ビッグサイトから台場のフジテレビ・日航ホテル・グランパシフィックメリディアンあたりが出る確率は、自分の感覚では10分の1くらい。だから当たるとがっかりしてしまう。気を取り直して再びビッグサイトへ、と入る前にワシントンホテルを覗いたら空車がゼロだったので入ってみる。30秒でお客さん、銀座ソニービルまで。銀座~日本橋~門前仲町と細かく営業して月島経由晴海を通りかかったら、思いがけず晴海大橋のたもとで手が挙り、国際展示場駅まで。無事ビッグサイトに帰還(笑)

19時前にタクシー乗り場に入ったら、もう空車は8台ほど。今日は意外と早く終わってしまった感じで、皆さん中へと戻ったのだろう。40分ほど待って月島まで。中途半端だったのでもう一度戻ってみる。今度は空車は1台だけ。その1台も途中で無線で去って行き、自分1人が残る。ここで20時になる。

20時の営収は2万4千円。やはりここでも3万円近く欲しいところだから足りない。何か一発が欲しいところ。

1時間以上待ち、さすがにもう誰も残ってないか、と思ったらお客さん、東京ドームホテルまで。ガラガラの首都高利用で4千円+高速代になる。水道橋あたりは結構な賑わいで、道路に出てタクシーを探している人もいる。すぐに2回営業して池袋東口に到着。時間は22時前、池袋から中へ向かって流せばお客さんはいるだろうと走ってみるものの、六本木まで手が挙らずがっかり。しかし人の気配はぷんぷんしている。六本木では待機列がなくなっている場所がある。こういうときは取締りの可能性があるから周囲をよく確認して止める。5分でお客さん、ロイヤルパーク汐留タワーまで。ちょうど23時になったのでどうしよう、と思ったらガスがない。時間が惜しかったもののロングのお客さんを逃がさないことを優先し、海岸通りでシナネンへ。戻りはJALビル経由。15分だけ並んでみようと待ってみたら、ちょうど15分でお客さん、大井町駅まで。その後近場のお客さんを1回乗せて0時になる。

0時の営収は3万5千円。5万円を目指すならまずまずの数字だけど、やはり物足りない。外せば4万円台の可能性もある(前回がそうだった)。しかしビッグサイトで入念に休憩したので元気たっぷりなのが救い。

しかし、大井町からは六本木に戻るまでお客さんゼロ。途中工事渋滞にはまったりしてイライラしてしまった。やっとのことで六本木に戻ると、なかなか雰囲気がいい。とりあえずすぐにお客さん、三田まで。速攻で引き返し、再び六本木へ、と思った矢先に麻布十番で手が挙り、勝どきまで…。やる気をそがれてがっかりするものの、気を取り直して銀座へ。ちょうど乗禁明け直後だったので、新大橋通りから御門通りへ一気に突入。並ぶつもりはなかったのに、1号乗り場へ向かう列がスムースだったので自然に付いて行く形になる。乗り場の列を見ると、自分は若い女性2人組になりそう。うーん、近場だろうなあ、と思ったら前のグループが2手に分かれて自分にもまわってくる。川口駅近くまで、首都高利用で7千円強に。これはラッキーだった。

帰りの赤羽で1回営業し、その後は30分以上お客さんなし。うろうろして新宿に到着し、お気に入りの場所に車を停めてみる。10分待って、初台まで。幡ヶ谷でUターンしたら、路駐車両の窓越しにお客さんらしき人の姿が見えたので、その車の前に出て止めてみる。やはりお客さんで、永代橋まで、5千円弱になる。また流されてしまったので銀座へ。時間は3時半、もう銀座は終わりのはずと思いきや、まだ結構な賑わいがある。角に停めたら10分でお客さん、浜町まで。もう一度戻り、さすがに4時を過ぎていたので今度は待たずに流してそのまま六本木へ移動。交差点から遠く離れた場所に車を停めて一服したところで、路地からお客さんが出てくる。新宿経由千歳船橋まで、6千円強に。

帰庫まで1時間以上あったものの、それなりの数字になったので帰ることに。前回同様明け方も無線で締めたかったものの、さすがにそう都合良くはいかず。まあ無線に関してはこれからの研究が必要だ。

本日は32回・5万8千円にて終了。チップは2回120円でした。今日は日中からそれなりに人がいた感じだったから、もっとまじめに(ビッグサイトに行かずに)やっておけば違った結果になったかもしれない。まあ、朝からやる気が出なかったので、あの休憩がちょうどよかったともいえる。何が良いのかよくわからない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

乗務43回目 無線デビュー!無線に始まり無線に終わるも…

11/13(火)は記念すべき無線デビューの日。いよいよタクシーの醍醐味ともいえる無線が取れるようになった。営業所の人からは、自信がなければ取らないこと、何かあったらすぐにマイクでやりとりすること(GPS無線なので通常は画面に表示される通りに処理するだけ)等を指示される。説明書を読んだり先輩に話を聞いたりして、遅めの11時半に出庫。

いつ来るか?とわくわくしながら近所を流し始めるも、当然ながらそんなに簡単に無線は入らない。まあ暇なときに入ればいいさと都心に向かって流す。今日はいつもと時間が違うせいかお客さんがいない。流しはじめて20分ほど経った頃…

 ピーーー!

おお!いきなり無線だ!慌てて了解ボタンを押すと、行先が文字と地図で表示される。地元の小さな病院への配車。しかし、駅4つ分くらい離れた場所で、しかも逆方向。どうしようと思っていたら、オペレーターもわかっているようで、音声で進行できるかどうかを聞かれる。少し余裕をみて15分なら大丈夫と答えると、お客さんに再度問い合せて、それでも配車希望とのことで進行決定。メーターを迎車に入れて大急ぎで向かうと、時間の3分前に到着する。ドアサービスは必須ではないものの、病院ということで一応乗り降りの手伝いをするつもりで車の側で待つ。すぐにお客さんが登場。記念すべき初無線のお客さんは妊婦さんとそのお母さんだった。

 「お待たせいたしました、どうぞ。」
 「はい、よろしくお願いします。」

ドアを手で閉め(これも初めて)、運転席に乗り込んで行先を聞く。近くの自宅まで。細かな道がわからないのでお客さんに聞きながらゆっくり走る。10分ほどで到着、1380円になる。普通ならワンメーター+αの距離で千円を超えるのは嬉しかったけど、考えてみれば無線が入ってから仕事が完了するまで都合30分近くかかっているから、あまり喜べない。でも初無線を無事こなしてまずは一安心。ほっとしつつ都心へと入る。

その後は無線も鳴らず普通に営業。しかし今日はお客さんがいない。新宿方面に向かい、ぐるぐる流して千円ちょっとのお客さんを4回乗せ、渋谷から日本橋蛎殻町へのお客さんを乗せている最中に15時になる。

15時の営収は7千円。出庫が1時間半遅いといっても時間あたり2千円にしかなっていない。街の雰囲気も何だか盛り上がりがない。なのに道だけは渋滞していて、東西南北どの方向に行くにも苦労する。

蛎殻町からはお客さんを探しながらビッグサイトへ。今日は中規模のイベントがあるけど、出展企業の一つが我が社のお得意さんで、社員さんがタクシーに乗るときはなるべくうちのタクシーに乗るように言われているらしい。ビッグサイトに到着して顔なじみの人に話を聞くと、何台か来ていたうちの車が全部チケットで抜かれたとのこと。これはチケットコレクションを増やすチャンスということで、目立つように行灯を点灯して待つ(笑)。しかしいくら待っても抜かれず、結局1時間10分ほど待って先頭に。すぐにお客さん、新橋まで。何と、その会社のチケットだった。もっと早く出てきてくれ~(笑)

その後はたまにお客さんを乗せる程度でぽつりぽつりと営業。新橋、麻布、六本木、新宿と移動し、更に目黒から品川に流される。天王洲アイル前が3台だったので並び、20分ほど待ったところで20時になる。

20時の営収は2万2千円。最低レベルは回復した。ここまで12回しか営業していないにもかかわらず、3桁のお客さんが2回だけだったのでこの数字に。といってもお客さんの気配は相変わらず薄い。ここは何とか無線で…と淡い期待を抱きつつ待つ。

20時ちょうどにお客さん、銀座8丁目リクルートビルまで。10分少々で到着、2千円ほどになる。相変わらず海岸通りはがらがらで仕事の効率がいい。再びビッグサイトへ行こうと竹芝に寄ってみたら、笹塚へのお客さん。新宿へ戻ったら荻窪へのお客さん。ということでビッグサイトへは戻れなくなり、新宿で営業することに。ところがどこへ行ってもお客さんがいない。そこで休憩を兼ねて某ビル前の列に並ぶことに。ここは深夜になるといつも20台以上の列ができていて、聞くところによれば1時間以上待つことはザラらしい。しかし良いお客さんが多いとのこと。割増前の微妙な時間だったので流れは悪く、結局1時間20分ほど待つことに。待っている間に0時になる。

0時の営収は3万2千円。相変わらず最低限クリアというレベル。この様子では夜もあまり期待できそうにない。ここで何とかロングのお客さんを…と待つと、0時過ぎにようやく赤塚までのお客さん、6千円弱になる。何とか納得の数字。本来なら23時~0時を並びで過ごすのは問題外だけど、それでもいいと思えるくらいお客さんが少ない日だったので、まあしょうがない。

0時半過ぎに赤塚にいたので、終電狙いで成増へ。近くへのお客さんを2回乗せたら人気がなくなったので再び新宿へ。西口の飲み屋街を中心にぐるぐる流すも成果なし。前回の日曜日にも同じような回り方をしたけど、今日はとことん空車が多い。2時過ぎにようやく新宿南口から上馬へのお客さんを乗せ、渋谷経由でまた新宿へ。今日は六本木へ突っ込む元気が湧かなかった。それから何と2時間以上お客さんゼロ。すっかりやる気もなくなり、駅を回りながら営業所へ戻ろうとしたら、5時過ぎになってようやくお客さん、別の駅まで。営業所近くに戻り、住宅街をうろうろ。早朝出勤のお客さんを探すものの見つからず。仕方なく早仕舞して営業所に戻ろうとした、その時…

  ピーーーー!

おお、1日の最後にまた無線だ!今度も3kmほど離れた場所で、画面には10分の表示。普通に行けば大丈夫ということで進行、7分で到着。少し離れた駅までで1780円になる。途中「あれ?今日はメーターが上がるのが早いな?割増じゃないよね?」「はい、今の時間帯は普通の料金です」などとやりとりをする。乗り慣れた感じのお客さんだったのでその時はピンと来なかったけど、迎車料のことを言っていたんだろう。

ということで無線初日も無事終了。1日の始まりと終わりが無線という、何だか気分の良い1日だった。しかし、営収は21回・4万4千円。日曜日にできた貯金が思い切り目減りしてしまった。でもまあ、今後は多少は無線に期待もできるし、何とか目標を達成できるよう努力したい。

ちなみにチップも0円でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

乗務42回目 日曜日に初の税込8万円台!

11/11(日)はまたまた家族の都合で日曜出勤。しかしライバルが少ないので自分としてはやりやすい。数字をみても、過去3回の日曜日のうち2回は約6万円、あとの1回も約5万円。2万円台や3万円台の月曜・土曜と比べればずっと期待できる。

10時に出庫して近所の駅に行くと、電車が遅れているらしくお客さんの列ができている。2回近場で営業し、その後池袋へ連れて行かれる。そこから高田馬場へ移動したら短距離のお客さんが4回続く。そろそろまとまった距離のお客さんが欲しいなあと思っていたら、女子医大近くでお客さん、秋葉原まで。日曜日の秋葉原は中央通りが歩行者天国で、人はわっといるけどタクシーに乗る人は少ない。それでも空車も少ないので何とか乗ってもらえる。秋葉原から東武浅草駅へ、駅前の乗り場には列ができていて吉原へ、とお客さんが続く。再び秋葉原方向へ戻る途中で御徒町駅へのお客さん。3桁のお客さんが続くものの、なかなか調子がいい。

秋葉原に戻って周辺をぐるぐる回ると、2周目でロシア人ぽいお客さん、表参道まで。その後も渋谷近くで2回。こどもの城近くで麻布狸穴町へのお客さんを乗せ、15時になる。

15時の営収は1万9千円。1時間あたり4千円近くになっている。やはり他の空車が少ないとお客さんを見つけやすい。お客さんも空車が少ないのでしっかり探して自分を見つけてくれている気がする。

ここまで休憩をとっていなかったので、ビッグサイトへ。今日は同人誌系のイベントがある。自分はこういうイベントのお客さんを乗せるのは好きである。まずグループのお客さんが多く、乗った瞬間から共通の話題で盛り上がっていて、車内の雰囲気が明るい。しかもまじめできちんとした人が多く、夜の新宿や池袋で酔っ払いに泣かされることもある身としては、心が洗われる思いがする。ということで行ってみると空車は20台ほど、お客さんはぼちぼち出てきている。思ったより早く20分ほどで先頭に、東京駅八重洲口手前まで。今日は2740円。過去に最安で2500円で行ったことがあることになっているけど、それ以来ずっと2740円を下回っていない。何かの勘違いだったんだろうか?

さて、降車場所近くでは四谷まで、そこからニューピア竹芝まで、更に降車場所で大門までとお客さんが続く。竹芝のお客さんによれば、小笠原からのフェリー(おがさわら丸)の船内で不審火があり、海上保安署が乗り込んできて全員の指紋を採ったり所持品検査をしたらしい。下船時間も遅れて皆さん疲れ果てているらしく、これはチャンスだということで桟橋に引き返すと、すぐに門前仲町へのお客さん。降車場所で木場へのお客さん。懲りずに竹芝へと引き返すと、さすがにフェリーのお客さんはいなくなっているものの、今度は何かのパーティー帰りのお客さんが出てきている。その中で背広の男性が乗車、芝公園から用賀まで首都高利用で溝の口近くまで、渋滞していて45分ほどかかるものの6500円になる。

246で引き返すと上馬から下北沢まで、そこから井の頭通りに出たら飯倉片町までとお客さんに連れて返ってもらう。更にその後もお客さんが連続。ほとんど休みなく20時を迎える。

20時の営収は、何と4万2千円。時間あたり4千円のペースが10時間も続いたことになる。実感としても、どこへ行ってもお客さんがいるという感じ。そしてライバルの空車は少なかった。

ところが20時からはちょっとペースダウン。少しずつ空車が目立つようになり、お客さんの気配も薄くなる。日曜日の夜だから仕方ないだろうということで、気分転換にビッグサイトへ。と、空車ゼロのタクシー乗り場に入った瞬間にお客さん。再び戻って30分ほどうとうとしていたらまたお客さん。待つときは1時間以上平気で待つ場所なのに不思議なものだ。行先が赤坂だったので周辺を流してみる。短距離ながら何度かお客さんを乗せ、最後は信濃町近くで0時になる。

0時の営収は5万3千円。夜までの貯金が効いて余裕の数字。これなら運が良ければ7万円台も狙えるかも。しかしこのところ夜で撃沈しているのでどうなるか…

0時を過ぎてからは西麻布~六本木を流す。深夜になるとどこからか空車が集まってきて、少ないお客さんを取り合う状況になりつつある。六本木に飽きて飯倉へ向かい、虎ノ門方向へ曲がったところでお客さん、葛西まで。葛西橋通りをひたすらまっすぐ走って6千円弱になる。その後は終電狙いで京葉道路まで出てお客さんを探しながら戻るもスカ。八重洲口を見てみようと思って行ったら向かい側で北品川へのお客さん。寄り道をしながら六本木へ戻ったら、なかなか待機列の流れが良い。しかし流れが良すぎて留まることができず、西麻布へ移動。と、団体のお客さん。中目黒まで。その近くでまたお客さん、笹塚まで。新宿へ移動し、青梅街道下り線を1回だけやって、そろそろ休憩を取ろうと場所を探す。この時間なら西口地下でゆっくりできるはずと行ってみると、空車が2台並んでいてびっくり、更にすぐに1台が実車になってまたびっくり。少し期待しながら休憩し、3時になる。

3時の営収は6万7千円。1万円超のロングがなかったのでじわりとしか伸びなかった。人影も少なくなっているし、あとはちょこっとやれればいいかと西口の飲み屋街に行ってみる。

と、1軒の店の前に団体さんが出てきている。これはチャンスと思って待ってみるものの、数人に分かれて去っていくグループ、カラオケ屋に移動するグループなど、だんだん人数が減ってくる。それでも粘って待つ。10分、15分…結局20分近く待って、さすがにこれはだめだろうと側を通過しようとしたら「え?乗るよ?」とばかりに止められる。初めから近付けば良かったのか(笑)。烏山~三鷹市新川経由で調布市国領まで、8千円になる。これで7万円越えは確定。ひょっとしたら8万円も?と甲州街道で戻る。と、途中烏山で手が挙がる。逆方向の深大寺まで、3千円ほどに。この時点で帰庫の1時間前。税込8万円まであと1200円ほど、ワンメーターのお客さんを2回乗せればいい。そこで目を皿のようにして高速で流す(笑)。青梅街道に出て環八の手前でお客さん、荻窪駅まで。あとワンメーター1回、営業所方向に向かって駅近くを流す。しかしなかなか人はいない。帰庫時間ぎりぎり、営業所から1kmも離れていない場所で、とうとう待望の手が!近くの駅まで、900円。これでめでたく8万円達成!

結局本日は46回・税抜7万6千円、チップは6回920円でした。営収も回数も過去最高を更新、ついでに走行キロも実車率も過去最高。要するに最高の1日だったけど、一体この日曜日の何が特別だったのか?よくわからない。しかし、来週も日曜出勤なので甘い期待を抱いてしまいそう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

給与保証期間のまとめ

<給与保証期間のまとめ>

さて、11/8(木)の乗務で3ヶ月間の給与保証もとうとう終わりました。この3ヶ月を振り返ってみると、色々と勉強はしてきたものの、やはりまだ地理知識は穴だらけで、稼ぐための知識も不十分。それでも当初の目標としていた1日平均5万円はほぼクリアでき、まずは一安心。

締め日でみた月間営収は、最初の中途半端な期間を除くと、いずれも12出番で

 1ヶ月目 56万円 (1日平均4万6千円)
 2ヶ月目 65万円 (  〃 5万4千円)
 3ヶ月目 60万円 (  〃 5万0千円)

と、そこそこの数字。1日平均だとちょうど5万円ということで、まさに目標としていたレベル。この目標をこれほど早く達成できるとは思っていなかったので、自分なりに一応の合格点をつけてやりたい。特に10月は営業所全体で営収が悪く、ここ数年ずっと70~80万円をキープしてきた人がとうとう60万円台に落ち込んだという話も聞いたから、その意味では新人の自分がよく踏ん張ったともいえる。

今後の目標は1日平均5.5万円、月間66万円。これを達成するために、もっと頑張って流してもいいのかなとも思うけど、もっと考えて走ることも忘れないようにしたい。ちなみに1日の走行キロでいえば、

 1ヶ月目 291km
 2ヶ月目 316km
 3ヶ月目 308km

ということで、頑張っているとまでは言えないけれどサボっているわけでもない。330km程度を目標に、もうちょっと上手く流すようにしたい。

営業場所でいえば、やはり1日最低1回ビッグサイトに寄るというこだわりはどうなんだろうとも思う。あっさりやめてしまえば楽になれるのかもしれない。顔見知りの人ができて勉強になるといっても、もう勉強だ何だと言ってはいられない。しかし、それでもどこかに拠点があるというのは精神的に非常に楽になれる。休憩したくなったらそこへ行き、食事やトイレや灰皿清掃を済ませてのんびりできる場所。車を離れても駐禁を切られることもなく、寝ようと思えばぐっすり寝られる場所。本来なら営業所を拠点にすべきなんだろうけど、都心から結構離れたところから出庫している自分には無理。だとすれば、そういう場所があるのは非常に助かる。ということで、これからもビッグサイトには行くことにしよう(笑)

あとは、やはり銀座。苦手なりにちょっとずつわかってきた部分もあり、もっと積極的に行ってみたい。どうせぐるぐる回るならロングのお客さんが期待できる場所。まあ皆さん同じことを考えるんだろうけど(笑)

ともかく、この3ヶ月間無事故無違反でやれたのは良かった。これからも無理せず安定して仕事ができるように、自分なりのペースを掴んでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗務41回目 0時までに5万円!0時からは…

11/8(木)は10時に出庫。前回早く出て何となくペースが狂ったような気がしたので、今回は普通にやって普通にできればいいというくらいの気持ちで、いつものように近所の住宅街から回ってみる。

と、10分ほどでお客さん、近くまで。その後30分近く空いてお客さん、ワンメーター。更に30分近く空いて、900円。今日も昼間は暇な雰囲気。ならばということで、今日は積極的に着けてみる日にする。

着け待ち1回目 12時前 信濃町駅 2台目 15分待ち 外苑前まで 660円(笑)

降車場所では目黒駅へのお客さん。と、山手線が人身事故で止まっていて人がわっと出てくる。支払いが済んだら中目黒へのお客さん。降車場所で渋谷2丁目へのお客さん。246を下ったらセルリアンタワー前で新宿へのお客さん。新宿西口も人が多い。すぐに初台近くまでのお客さん。戻って新宿パークタワーまでのお客さん。ここで一旦お客さんが途切れたので、六本木へ移動。六本木では交差点近くで麻布十番へのお客さん。飯倉片町から飯倉方向へ流したらロシア大使館近くで高輪のロシア通商代表部へのお客さん。そのまま御殿山へと下り、北品川駅近くに新しくできたアンダーパス(港南口から第一京浜への抜け道)を見物して、品川駅~東品川を回ってみる。と、テレビ東京のスタジオの向かいのレンタカー屋さんでお客さん、天王洲アイルのJTBビルまで。その近くから港南4丁目までのお客さん。

ここで15時になる。営収は1万3千円ほど。まあまあ普通。回数だけは14回と、いつもよりハイペース(笑)

港南4丁目からは天王洲アイル→品川シーサイドと行ってUターンして都心へのお客さんを狙う。と、JALビル向かいに1台いた空車が実車になったのでそこに止めてみる。

着け待ち2回目 15時過ぎ JALビル前 先頭 2分待ち 霞ヶ関ビルまで 2580円

海岸通り~南浜橋~NEC経由桜田通り~虎ノ門病院周辺の路地を通って霞ヶ関ビルの下へ。NEC前はちょっと混んでいて、日比谷通りで芝園橋左折のほうが良かったかと反省。その後は日比谷通りへ戻って下ると浜松町駅へのお客さん。世界貿易センタービル側でお客さんを降ろし、車寄せから出ようとしたら思いがけず外から来たお客さん、新生銀行本店経由早稲田まで、4千円少々になる。降車場所からはリーガロイヤルホテルへ。

着け待ち3回目 17時過ぎ リーガロイヤルホテル 2台目 15分待ち 浅草まで 2980円

日本語が全く話せない外国人のお客さんで、しかも苦手な浅草エリア。目的地は言問通りと国際通りの交差点というわかりやすい場所だったものの、経路がわからない。勘を頼りに新目白通り~大曲~伝通院前~富坂前~こんにゃくえんま前~本郷弥生であとは言問通りをまっすぐ。渋滞で30分ほどかかって到着。時間を考えたら春日通りをまっすぐ行って国際通りのほうが良かったか。

浅草からは隅田川を渡って両国~門前仲町を目指す。あわよくばそのまま有明まで行こうという考え。と、石原1丁目交差点近くでお客さん、森下駅まで。清澄通り沿いならそのまま月島方向へ行こうと思っていたのに新大橋通り方向に曲がって停めるようにとの指示。なので素直に新大橋を渡って都心方向へ。と、前方のトルナーレ前でかばんを持った手をちょっと挙げている人が見える。それに気付かない他の車が4台ほど通り過ぎていく。これはラッキーと停めると、「羽田空港まで」。リムジンが出た直後で、次だと間に合わなかったとのこと。お客さんの指示で銀座回りで30分で到着、7千円弱になる。羽田で並ぼうかどうしようか散々迷った挙げ句、まだ元気だし休憩には早いということで離脱。城南島経由で台場を一回りして有明へ。ビッグサイトに入る前にワシントンホテルを覗いてみたら待機が0台だったので入ってみる。

着け待ち4回目 19時 東京ベイ有明ワシントンホテル 先頭 50分待ち 有明1丁目まで 660円(泣)

フロント周辺が人でごった返していたので期待して入ってみたのに、その全てがはとバスのお客さんだった。バスが行ってしまうと誰もいなくなり、1時間近く虚しく待つことに。そして、ようやく乗って来たお客さんに「近くて悪いね、もうお金置いとくから」と2千円置いてもらえたけれど、お客さんに気遣いをしてもらうような待ち方はもう嫌だ…。そこからは一服しに東雲のオートバックスへ。車内を快適にする小物はないかと物色して、特になかったのでフクピカを買う。ここで20時になる。

20時の営収は3万2千円。羽田行きが大きかった。昼間は高速に乗せてもらえると一気に効率が良くなる。この調子なら今日は5万円は十分やれるな、と余裕をもってビッグサイトへ。

着け待ち5回目 20時半 東京ビッグサイト 先頭 30分待ち 空車で離脱

まだ食事をとっていなかったので、ベンチに座っておにぎりを食べ、体を動かして一休み。そのまま休もうかとも思ったものの、中途半端な時間だったので離脱。すると、出たところでお客さん、プリンス・パークタワーまで。こういうことはよくある。

先日ひどい目に遭ったプリンス・パークタワーをさっさと抜け出し、日比谷通りを下って第一京浜を上り、大門交差点を左折して門をくぐろうとしたら2人組のお客さん。飲んで盛り上がっている。

男性A「横浜の、横浜公園行って。」
自分 「横浜公園、かしこまりました、では首都高で芝公園からで…」
男性B「ちーがーうだろー」
男性A「いや、それでいいんだって。」

男性Aは比較的落ち着いているけど、男性Bがかなり酔って騒いでいる。まあ、対応できないほどでもないし、楽しい酔っ払いという感じ。芝公園から首都高に乗ると、

男性B「おい、おやじ!もっとぶっと飛ばせ!」
男性A「おやじじゃないって、それに安全運転が一番だぞ」
男性B「おい、なんか助手席に女が座ってるぞ」
男性A「いないっての」

と、騒ぐ男性Bを男性Aが抑えてくれている。首都高を降りてからはお客さんの指示で男性Bのご自宅へ。

男性A「そこの角を鋭角に曲がって。」
自分 「かしこまりました。」
男性B「1回で曲がれなかったら料金負けろよ~」
男性A「そんなこと言うなって」

とか何とか賑やかに最初の目的地に到着。そこからは男性Aのご自宅へ。「大変ですね」「大変なんだよ」などと話しながら結構な距離を走る。最終的に菊名までで1万6百円ほどの営収になる。時間はまだ22時過ぎ。割増前に余裕で都心に戻れる。こんなラッキーはそうそうない。そう思うと大騒ぎされても全く苦にならないから不思議なものだ(笑)。更に中原街道で引き返すと、荏原の信号待ちでお客さん、六本木まで。全く有り難い。六本木ではミッドタウン前に並んでみる。

着け待ち6回目 23時過ぎ 六本木ミッドタウン前 5台目 25分待ち 瀬田 5220円

池尻~用賀を高速利用という有り難いコースで嬉しかったけど、やたら待ったのは、先頭の車が明らかにお客さんに避けられていたからだと思う。渋滞しているから外側の車に乗ったほうが早いと考えるお客さんもいただろうけど、先頭の車の中を覗いてから避けるお客さんが多かった。一体どんな人だったのか。

ここで0時になる。0時の営収は驚きの5万2千円。これなら最高営収も狙える、と言いたいところだけど実際にはツキに恵まれただけでお客さんの数はそう多くはない。そこで再び並んでみることに。

着け待ち7回目 0時過ぎ 西麻布交差点 3台目 15分待ち サンルートプラザ新宿 1940円

韓国人観光客らしきグループが自分ともう1台の2台に分かれて乗車。前の車は外苑西通りを真っ直ぐでおそらく千駄ヶ谷経由。自分は神宮前3丁目を左折して明治通り~代々木経由。距離は自分のほうが短いのは間違いない。先に着いたかどうかは、ちょっと観察したかぎりではわからなかった。

その後は西新宿へ。ぐるぐる回ってみて、一度西口地下ロータリーの様子を見ておこうと行ってみたら、トンネル入口あたりまでの長い列。パスしてロータリーに入ってみると、そこにはお客さんの長い列が。推定40人、車はおそらく30台ほど。これから列が伸びる可能性もあるということですぐ引き返して並ぶ。スムースに流れて乗り場近くへ到達すると、もう改札口のシャッターが下りていて、お客さんの列も短くなっている。そして自分の2台前でゼロに…

着け待ち8回目 0時30分 新宿西口ロータリー 30台目? 30分待ち 十二杜温泉  660円(泣)

結局お客さんが途切れてから20分待ってワンメーターだった。がっかり…。その後新宿西口の地上に戻り、ヨドバシ周辺を流すも成果なし。と、京王前でお客さん、再び新宿ニューシティーホテルまで…。今度は青梅街道下り線回りをやってみる。と、2回目でお客さん、北赤羽近くまで。25分ほどで5千円強になる。ところが盛り上がったのもここまで。

2時台は池袋で1回、ワンメーターのお客さんのみ。3時台はゼロ。4時になり、新宿巡りにも疲れ果て、西口ロータリーに行ってみると空車は5台。そのうち3台が目の前で実車になるのを見て並んでみることに。

着け待ち9回目 4時10分 新宿西口ロータリー 3台目 30分待ち 新宿ニューシティーホテル 660円(笑)

やはりというか、新宿西口は近くまでのお客さんが多い。しかし、1日に3回も新宿中央公園の向こう側までとは、呆れてしまった。その後営業所近くに戻って1回営業して終了。何と0時に5万円あったのに、6時までやって6万3千円。夜は一体何だったのか…。

本日は32回6万円(税抜)、チップは3回で2380円でした。着け待ちの成果も寂しいかぎり。特に駅付けは、基本的に近くまでのお客さんが多いのはわかっているけど、ここまでひどいと何ともいえない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

乗務40回目 空白の2時間が3回も…

11/6(火)は朝5時過ぎに目が覚めてしまい、二度寝するにも中途半端だし雨も降っているしということで、いつもより2時間早い8時過ぎに出庫。普段の明け方の2時間を朝8時から10時にもってきたと考えて、その時間をいかに有効に使うかを考える。といっても午前中はほとんど成果を上げられていない自分としては、どこに行けばいいのかすらわからない(笑)。とりあえず出勤する人を狙おうということで、幹線道路を中に向かって流す。

と、いきなりの大渋滞。何とか抜け道になるような通勤経路を探しながら中へと向かうと、出庫後20分でお客さん、近くの駅まで。降車場所でお客さん、新宿まで。渋滞の中を空車で走るのはうんざりするから、お客さんに乗ってもらえたのは助かった。更に新宿では降車場所で市ヶ谷まで、そこからまた三番町までと、都合約1時間ほど実車状態が続く。道が混んでいたので5千円ほどの営収にしかならなかったものの、朝が苦手な自分としては有り難かった。

三番町からは麹町~紀尾井町と抜けて赤坂見附へ。と、エクセル東急前でお客さん、ブリジストン美術館まで。前の車に付いていけばいいとのことで付いていく。ところが、鍛冶橋通りから中央通りへは入らず昭和通りを左折したので、迂回して正面に着けるつもりだなと付いて行ったら、八重洲通りをそのまま突っ切って直進して行ってしまった。「あれ?前の車は行先が違うんですか?」「いいや、同じだよ。」ということで、とりあえず自分は左折してブリジストン美術館前でお客さんを降ろす。前の車はどこに行ってしまったんだろうか…

さて、八重洲口の状況をチェックしたらお客さんの長い列。ということで並ぶ。相変わらず乗り場が1列で時間がかかり、20分ほどで先頭に、現代美術館近くまで。そこからは一応お客さんを探しながらビッグサイトへ。11時過ぎに到着すると、空車は7台。午前中にここに来ることはなかったので様子を見ていると、そこそこ流れている。20分ほど待ってお客さん、三原橋近くまで。銀座経由で再び東京駅に並ぼうとするも、動きが悪く離脱。鍛冶橋を左折して有楽町を回って晴海通りに入ったところでお客さん、豊洲ららぽーとまで。こうなったら再びビッグサイトへ。

今度は空車が増えている。休憩を兼ねて1時間ほど並び、湊まで。聖路加タワー方向へ流したらお客さん、汐留まで。そこからは汐留をぐるぐる~浜松町~竹芝~日の出~海岸3丁目と流し、成果がなかったので台場へ渡って一回りしてまたビッグサイトへ。ところがビッグサイトはほぼ満杯で、動きはなし。10分ほど様子を見て離脱。あの様子なら1時間半は固いから、その1時間半の間に3千円ほどできたら離脱して良かったということになる。豊洲経由で晴海~銀座~新橋~虎ノ門~六本木~芝公園~大門~田町と流しまくる。ところが、全く手が挙がらないまま15時になる。

15時の営収は1万5千円ほど。いつもなら良い数字ということになるけど、今日は出庫が2時間早いのだからこれではいけない。うーむ…

前のお客さんから2時間以上経って、ようやく神谷町でお客さん、ウエスティンホテルまで。恵比寿経由六本木通りでミッドタウンまで流したところでお客さん、西麻布まで。再び六本木通りを流し、そのまま直進して国会方面へ。民主党の小沢代表が辞める辞めないで国会周辺が賑わっているかもしれないと思い行ってみると、内閣府近くでお客さん、またウエスティンホテルまで、今度は急いでいるので首都高利用でとのこと。飯倉で乗って目黒で下り、すぐUターンして白金トンネルに入り、確か2つ目の側道へ入るんだよな、と思ったらトンネル出口まで出て左折するコースを指示される。15分ほどで到着。なるほど、こういうコースもあるのか。

今度は明治通りから古川橋~一の橋経由で芝公園へ。18時近くになり、ホテルが忙しいんじゃないかとプリンス・パークタワーに行ってみると、裏口で手招きされて中に入る。あと2~3分でお客さんが出てくるので待ってくれとのこと。ところが5分経っても10分経ってもお客さんが出てこない。ここまで待たせるということは、わかってるよな?とベルに視線を送ると、すみませんもうちょっとです、というような目をしている。18分待ってようやくお客さん、さあどこへ?と期待すると、何と「隣のプリンスまで」(笑)。表に待機列もあったはずだから、あえて流しを呼んで近場のお客さんを処理したんだろう。もうあそこで呼ばれても行くもんか…

その後は浜松町から海岸へ。ヨコソー近くの乗り場が空だったので着けてみる。すぐにお客さん、神谷町駅近くまで。芝公園を通って浜松町へ行こうとしたらお客さん、ロシア大使館近くまで。ここで20時になる。

20時の営収は2万3千円ほど。良くはないけど最低限はできている。ここから頑張ろう。

しかし、ここから全くお客さんが見つからず。ぐるぐる回って結局はビッグサイトへ。まとまった休憩をとるつもりで一応並んでみる。しかしというかやはりというか、1時間以上全く動きがない。22時過ぎに離脱して近くを回り、豊洲へ渡ってららぽーとの前を通り過ぎようとしたらお客さん、勝ちどきまで。その後もお客さんがなく、次は0時前になってようやく西麻布から広尾駅まで、戻ってまた西麻布から六本木まで。ここで0時になる。

0時の営収はまさかの2万5千円。どこへ行ってもお客さんがいない。しかし0時を過ぎてから六本木周辺はにわかに活気づいている。

0時に六本木でお客さんを降ろしたら、すぐ先でお客さん、南麻布の住宅街まで。すぐに西麻布に引き返すと、角が空いていたので着ける。しかし15分ほど待ってしまい、やっと女性のお客さん。

 「一番近いJRの駅ってどこですか?」
 「ここからだと渋谷か恵比寿ですね。」
 「うーん、大崎とか品川は遠いですか?」
 「ちょっと時間がかかると思いますが」

終電に乗りたいらしいけど目的地がよくわからない。結局代々木へということで走り出したら、

 「忘れ物しちゃった!あれがないと明日の仕事が…」
 「え?じゃあそこでUターンしましょう」

と、フジフィルム前でUターンして交差点に戻る。すぐに帰ってきて、再び代々木へ。

 「あと10分ちょっとなんですけど…」
 「大急ぎで行きましょう。」
 「すみませんね…」
 「いえいえ、急いでくれと言われたら10倍燃えるんですよ。運転手としてやり甲斐を感じるわけです。で、目的を達成できなかったら10倍落ち込むんですけどね…」
 「面白い運転手さんですね~、というか運転手らしくないというか」
 「そうですか?そんなことないですよー。」

途中千駄ヶ谷に行先変更になり、骨董通り~青山通り~外苑西通りで千駄ヶ谷へ。何だか楽しい雰囲気で盛り上がる。

 「個人タクシーの人より面白いですね~。個人じゃないんですよね?」
 「もちろん会社のタクシーですよ。それに、まだ4ヶ月目ですよ。」
 「うっそー!前は何の仕事をしてたんですか?」

前職の話で盛り上がりながら飛ばす。千駄ヶ谷へは時間までに着きそうでほっとする。すると、

 「もし改札からホームまで行く間にぎりぎり間に合わなかったら、また乗せてほしいんですけど、携帯とかあります?」
 「ありますよ、ちょっと待ってください。」

と、携帯番号を書いた名刺を渡す。駅に着いたら2~3分の余裕があったので、まず間に合うだろう。降りる間際に、

 「今度友達と飲んだときには絶対電話しますよ~」
 「ありがとうございます。15分くらいだったらすぐ行きますよ。30分くらいかかる場所にいたら『もうちょっと飲んでてください』って言うかも」
 「あはは、やっぱり面白い運転手さんだ~」

と笑って降りて行った。時間に間に合ってすっきりしたし、楽しいお客さんだったので気分が良かった。営収を考えれば電車に乗り遅れてもらったほうがよかったけれど、まあそのうちいいことあるさ、と新宿へ。代々木経由で西口に向かい、ヨドバシカメラ周辺の路地に入ったところでお客さん。

 「府中のほうなんですけど、稲城インターで降りてもらって、あとは言いますから。」
 「はい、かしこまりました。」

やっぱりいいことがあった(笑)。20分ほど走って7千円強の営収に。帰りは調布インターから新宿へ。途中工事の渋滞などもあり、新宿へ着いたら1時半になっていた。再びヨドバシ周辺に入ったらすぐにお客さん、若松町まで。いい感じ。再び新宿に戻る。

ところが、ここから全くお客さんがいない。2時~3時は新宿をうろうろ。3時を過ぎて六本木に戻ってみたり、また渋谷~原宿と流してみたり。しかし、全く手は挙らず。とうとう帰庫の4時が近付く。しかし、ここまで3万7千円の営収しかない。これで帰るわけにはいかないと、帰庫遅延を決意。営業所近くの駅に移動して、4時になってようやく近場へのお客さん。その後2回営業して、とうとう諦めて帰庫。

結局、本日は26回・3万8千円にて終了…。2時間以上の空白が1日に3回もあってはどうにもならない。これで締め日までの最後の出番で7万円やらないと60万円は達成できないことに。予想はしていたものの、1ヶ月頑張ってきて最後がこれではがっかり。

本日のチップは2回580円でした。「夜食でも買って食べて」と500円置いて行ってくれたお客さんがいたのがせめてもの救いだった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

乗務3ヶ月目のまとめ

いよいよ3ヶ月目も終了。とうとうあと数出番で給与保証も終わりという時期になりました。早かったような長かったような、ともかく次の締め日からは何の保証もない完全歩合の世界に突入です。

その意味では今月の厳しさはいい勉強になりました。頑張ってもどうにもならない日というものがあり、それがいかにトータルの平均を押し下げるか、挽回するのが難しいかを身をもって体験(泣)。2万円台が1回、3万円台が1回、4万円台が2回あった他は、残り8回が5万円以上だったにもかかわらず、平均5万円に届かず。7万円を越える日が全くなかったというのも大きいけれど、平均を維持するためには凹みをいかになくすかが大事だと痛感。

数字以外の面では、特に問題なし。体調もほぼ快調、睡眠も十分、腰の違和感など慢性病の兆候もなし。入社するときに「3ヶ月もすれば隔勤に慣れてくる」と言われたけれど、体のほうはとっくに慣れている感じで、例えば今のやり方をあと1年続けることを想像してみても、特に無理はないような気さえします。

とにかく歩合制の仕事である以上、何をおいても気になるのは数字。仕事中、数字が良ければ気楽だし、悪ければ辛く感じる。つまり、楽に仕事をするための一番の近道は、稼ぐこと。それをどうするかが難しいけど(笑)

地理知識に関しては、徐々にお客さんに道を聞かなくてもわかるケースが増えてきて、銀座・東京駅からなら6~7割、赤坂・六本木からなら8割くらいはすんなり道を言えるように。もちろんわからない場合はすぐに聞くし、わかる場合でも確認はするけど、全くわからないということが減ったので、自分はもちろんお客さんもかなり気が楽になったはず(笑)。

ところで、今まで日報には町名だけを書いていたけど、○丁目まで書くようにしてみたところ、飛躍的に地理の理解度が増した感じ。例えば「六本木→新宿」と書いていたところを「六本木7→新宿3」と書こうとすると、場所を細かく考えることにもなるし、わからなければナビか地図で調べる機会にもなるので、かなり良い復習に。このことは入社以来誰にも言われなかったけど、早く気付けば良かった…

さて、来月の目標は、営収面では少し上を目指して1日平均5.5万円、12出番で66万円。そのための方策として、まずは無駄な着け待ちをやめることと、無駄な流しをやめること。つまり、無駄なく流し、効果的に並ぶこと。どうすればいいのか想像はつくから、あとはやる気次第(笑)。そして、寒くなってくるので風邪をひかないこと。いくら頑張っても、1日でも休んでしまったら何の意味もないのがこの仕事。体には気をつけよう…

 <乗務3ヶ月目のまとめ>

 乗務日数 12日
 営業回数 357回 1日平均 29.7回  (前月28.4回)
 走行キロ 3660km  1日平均 305km  (〃 312km)
 営業キロ 1496km  実車率 40%  (〃 43%)
 営収 59万1千円  1日平均 4万9千円  (〃 63万4千円・5万3千円)

 1万円超え 3回  最高額 1万2千円(新宿~東久留米)

 事故0 違反0 忘れ物1 帰庫遅延0 欠勤0 有休0

 怒られた回数 0回
 怒った回数 1回(高円寺)
 ゲロ 1回…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗務39回目 金曜日で期待したものの…

11/2(金)は曇り時々雨の予報。しかも祝日前の金曜日ということで、先輩に「今日は忙しいぞ」と声をかけらる。次の締め日まで今日を含めてあと3出番、帰庫遅延をやるとしたら今日をおいて他にないと、やる気満々で出庫(笑)

今日のテーマは「並び」。このところ列に並ぶことが多くなったけど、やはり時間効率という点ではいまいちだから、今後は列が短い場合に限定するようにしたい。そう考えると、いろいろ試せるのは今のうちだけ。チャンスがあれば羽田にも行ってみたい。それに、今日は金曜日ということで、あえて並ぶ人が相対的に少ないんじゃないかという読みもある。

ところが、都心に入るとどこへ行っても大渋滞。じりじりとしか進まない車に乗る人がいるはずもなく、最初のお客さんは出庫後50分も経ってから、中野坂上からオペラシティまで。渋滞に飽き飽きして山手通りを下り、これはいきなり羽田まで到着してしまうのかと思っていたら中目黒の手前でお客さん、恵比寿まで。何と午前中のお客さんはこの2回だけ。呆れながらも、頑張って中へ入ってみることにする。

渋谷橋から坂を上がって六本木通りに入っても大渋滞。逃げるように西麻布からミッドタウンへ抜けようとしたら、国立新美術館入口で空車が次々と実車になっている。後ろに並んでみると、すぐに年配のお客さん。「江戸川区の○○まで」。江戸川区へ行ったこと自体数えるほどしかなく、概略の位置すらわからない。ナビと地図で調べたら運良く見つかったのはいいけど、どのコースを行っても渋滞がきつそうで、特に首都高がひどい。霞ヶ関か呉服橋から乗れば一之江で下りてすぐだから喉から手が出るほど乗りたかったけど、下より時間がかかりそうでパス。江戸通り~京葉道路をのろのろと走り、50分近くかかってやっと到着。料金は6千円以上になってしまう。

と、目的地に着いたら、「30分ほど待ってもらって、その後新宿へ行ってもらいたいんだが、どうかな」。渋滞にはまってさぞかし不愉快だったはずなのに、あえて自分を待たせるというのは、何か気に入ってもらえたのか(そこはいくらでもタクシーが拾える場所だった)、或いは単に面倒なだけだったのか。ともかく、こういう“運転手らしい仕事”をするのは初めてだったので、喜んで待つことにする。メーターを入れたままだと勿体ないので一度精算してもらい、その30分は休憩にあてる。コンビニに行ってトイレ&両替をして、あとは車の外でのんびりと待つ。ちょうど30分でお客さんが出てきて、ここは一つドアサービスをしようと思ったら、その前にさっと乗り込まれてしまう。サービス失敗…

新宿へはさすがに首都高のほうが早いと思われたので、一之江から乗って新宿で降りる。40分ほどで到着、7千円ほどになる。六本木を出てから合計2時間で1万3千円少々の営収に。日中からこういうことがあるのは、池袋の病院から百合ヶ丘までのお客さんを乗せて以来のことだった。改めて日中の長距離の有り難さを実感。

さて、新宿では早速「並び」を実践してみる。まずは西口地下の乗り場。トンネルへと入る道の一つ目の横断歩道あたりから列ができている。20分で先頭に、近くのビルまで(笑)。ここで15時になる。

15時の営収は1万5千円ほど。ほとんど江戸川区往復の仕事しかしていないようなものだった。なるほど、貸切のような使い方をしてもらえたらこんなふうになるのか、と先輩たちがちょっと羨ましく感じた(笑)

その後は西新宿~四谷を流してみるものの手は挙らない。そこで再び西口へ。今度は15分で流れて先頭に、中井駅近くまで。小滝橋~落合中央公園の先の住宅街を抜けて踏切を渡るコースを行く。お客さんと自分が頭に同じコースを思い描いているとき、それがなかなか言葉で説明しにくい道だと、話が通じたときに何だか嬉しい(笑)。中井からは哲学堂通りに出て早稲田通り~山手通りへ。再び西新宿をぐるぐる流してみる。かなりしつこく回ってみたけど手は挙らず。そこで今度は南口の四谷向きに並んでみる。すぐにお客さん、田町駅近くまで。約30分かかって3千円になる。そこからはビッグサイトへ。

金曜日ということでさすがにビッグサイトのタクシープールに空車は少ない。20分ほど待ってお客さん、新橋のSL近くまで。休憩にしては中途半端だったので再び戻ろうとしたら、ニューピア竹芝の乗り場でお客さんが待っている。銀座松屋裏まで。昭和通り~晴海通りで再びビッグサイトへ。今度は40分ほどのんびり休憩。休憩中に20時になる。

20時の営収は2万6千円ほど。やはり新宿で着け待ち以外でお客さんを全く乗せられなかったのが痛かった。金曜日にしてはお客さんが少ない気がしていたけど、どうもそれが現実になりつつあるな、という感じ。頭が痛い…

ビッグサイトからは日本橋駅までのお客さん。東京駅八重洲口の待機列に並ぼうとしたら銀座2丁目でお客さん、大門の『軍艦ビル』まで。何のことやらわからなかったけど、お客さんに教えられながら行ってみたら、いつも通り過ぎている秀和芝パークビルだった。

ここで、何とビッグサイトのタクシー乗り場のベンチに忘れ物をしてしまったことが判明!中に帰ってきてさあこれからというときにがっかり…。でも捨てるわけにはいかない物だったので取りに行く。無事忘れ物を回収し、ふと辰巳~新木場経由で東陽町駅あたりに行ってみたくなり(何故だか自分でもわからない、疲れていたのか?)、行ってみるとお客さん、近くまで。ついでにガス補給をして東京駅を目指す。

入船橋から月島の西仲通りへのお客さんを乗せ、戻って八重洲~京橋~銀座周辺をうろうろ。しかし全く手が挙らず、東京駅八重洲口へ。有楽橋あたりから30分近くかかってのろのろと乗り場へ入ると、そこには人の長い列が…。工事で乗り場が1車線になっているせいで、乗車に時間がかかって流れが悪かったのだ。これはひどい…。行先は江東橋。ここで0時になる。

0時の営収は3万3千円ほど。20時からの4時間でたったの7千円しか売り上げていない。休憩&忘れ物のロスがあったとはいえ、やはりお客さんが少ない気がする。金曜日の盛り上がりは一体どこへ…

東京駅へ引き返して乗り場にまだ人の列があることを確認し、並ぼうとしたら八重洲富士屋ホテル前でお客さん、銀座国際ホテルまで。再び八重洲口に並んだら有楽橋で抜かれ、赤坂の田町通りまで。空車進入禁止時間帯の赤坂3丁目に初めて入って、ちょっとしたヒーロー気分を味わう(笑)。降車場所のすぐ先でお客さん、西麻布まで。交差点の角が空いていたので停めたらすぐにお客さん、東北沢駅近くまで。井の頭通りで戻って原宿駅前から千駄ヶ谷小学校に抜けようとしたところでお客さん、代々木駅近くまで。ここで初めて北参道交差点から代々木駅へ抜けるのに参宮橋方向に左折しない方法を知る。今まで無駄に走っていたのか…

代々木からは新宿駅へ。西口を回ってスカ、甲州街道で明治通りに戻ろうとしたら南口の乗り場に2台だけいた空車のうち1台が実車になるのが見えたので、御苑トンネル側道でUターンして行ってみる。10分でお客さん、和泉まで。残業でタクシーに乗り慣れているお客さんで、12月がいかにタクシーを拾いにくいかというような話を聞かせてもらう。まだ12月を経験していない自分にとっては、興奮する話だった(笑)

和泉からは方南通りで新宿へ戻る。またまた西口を回ってみて、全くのスカ。たまに2丁目~歌舞伎町も見てみるけど空車が多すぎる。ついでに青梅街道が渋滞してきたので、離脱して明治通りから神宮前~表参道へ、と坂の途中でお客さん、白山まで。途中で3時になる。

3時の営収は4万6千円。何とも盛り上がりのないまま、楽しみにしていた金曜日も終わってしまった。白山からは池袋へ。何の成果もなく、その後営業所近くの駅周辺で朝帰りのお客さんをちまちま乗せて営業終了。

本日は27回5万2千円、チップは3回560円でした。昼は渋滞、夜は暇。江戸川区までのお客さん以外では最高額は3700円と、これもまた寂しい数字。締め日まであと2出番火・木曜日を残すのみで、上積みは期待できそうにない。平均5万円を割り込むのは確実か…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

乗務38回目 今更ながら初めての銀座1号

10/31(水)は月末ということで結構忙しいんじゃないかと期待しつつ出勤。道路交通情報をチェックするとどこもかしこも渋滞している。つまり、人出はあるけどどこへ行くにも時間がかかって仕事の効率が悪いというパターンが予想され、都心に入りたいけど入りたくない(笑)

さて、営業所を出る前に1回営業してしまう。すなわち、車庫で出庫前の作業中に、誤ってメーター器の実車ボタンを押してしまった(笑)。この場合、どんな理由があるにせよ、納金時には1回分の営業として、自腹で660円を入れなくてはならない。あちゃ…

気を取り直して10時40分に出庫。すると過去最短の出庫後10秒でお客さん、近くのスーパーまで。乗車中に「ここから成田までだったら幾らかかるの?」「早朝は前の日から予約できるの?」などと、思わず目が覚めるような話を振られる。まあ、新人の自分に早朝の成田仕事がまわってくることなどまずないだろうけど。

さて、次は20分ほど空いてお客さん、近くまで。よく知っているエリアだったので、狭い路地をすり抜けて最短コースでささっと到着。お客さんに喜ばれる。このところ1日に何度かコース取りで誉められることがある。多少はプロっぽくなってきたかと嬉しい。その慢心がトラブルを招くんだろうけど(笑)

ところが、そんな気分もすぐに忘れるほど都心にはお客さんがいない。11時台は820円のみ。12時台は3千円ちょっとの売上になるものの、13時台はまた1220円のみ。どこもかしこも車ばかり多くて、なかなか手が挙がらない。こういうときはビッグサイトだ、ということで行ってみるものの、今日は大したイベントもないのに明らかに車が集まりすぎている。みんな同じことを考えているに違いない。15分ほど待って全く動きがなかったので離脱、有明~台場を流してみるも不発で、台場のホテルに並んでみても不発。最後にもう一度ビッグサイトをチェックして、結局空車のままレインボーブリッジを渡って戻る。1時間以上お客さんがなかった。

15時になり、営収は8千円ほど。これは苦戦しそう。昼間の営収が悪かった日は、結局は5万円以下で終わってしまうことが多い。早め早めに売上を作っておかないと、夜になって悪夢の2万円台の再来におびえることになる。考えただけで恐ろしい話だ…

レインボーブリッジを渡ってからは海岸~田町駅周辺を軸にちょこちょこ営業。このあたりは行先はほぼ田町駅、品川駅、浜松町駅あたりと距離は出ないけど、道が空いているのでさっと走れて気分がいい。今日も近場で5回ほど営業。橋の名前にも結構詳しくなった(このあたりは橋だらけ)。その後芝浦から東雲というお客さんがあったので、ついでにまたビッグサイトへ。

時間は18時。普段ならお客さんがどっと出てくる時間帯だけど、今日はイベントの規模が小さいのでぽつりぽつり。1時間ほどおしゃべりをして先頭から4台目になったものの、もう全く期待できそうにない。今日は数字も悪いのでいつまでも待つわけにもいかず、またもや空車で離脱。こんなことは初めてで、さすがに寂しい気分になる。

再び海岸で営業。すると博報堂前から六本木ヒルズへのお客さん。ということで都心モードに。赤坂郵便局近くでお客さん、新宿南口まで。ここで20時になる。

20時の営収は1万8千円ほど。良い日なら3万円くらいあるところだから、既に1万円超えのお客さん1回分の借金ができている。そう考えると厳しい。新宿からは原宿へのお客さん、青山通りを流してまた赤坂郵便局近くで白金台へのお客さん。古川橋~麻布十番と戻ったところでアークタワーへのお客さん。その後お客さんがなく、東京駅へ移動。今日は国際フォーラムでコンサートがあったので、そのお客さんが残っていないかと行ってみたら、もう誰もいない。20分ほど付けてみたら、銀座日航ホテルへのお客さん。外堀通りの有楽町→銀座方向が工事のため大渋滞で、10分以上かかってしまう。そして、降車時点で22時20分。久々に乗禁の銀座の真ん中に来てしまった。

日航ホテル前でお客さんを降ろしたら、すぐに窓をコンコンと叩かれる。慌てて手で「だめ、だめ」と合図して立ち去る。やっぱりいるんだなあ、とどきどきしつつ、ふと、今日はどこに行ってもお客さんがいないのなら、1時間くらい費やすつもりで乗り場に並んでみようと思い付く。並ぶとすれば1号。もちろん土橋入口から高速コースを期待(笑)。そこで昭和通り側の路地を回って中央通りに戻ろうとしたら、乗車拒否されまくりのカップルに止められる。前の車が思いっきりアクセルをふかして走り去ったので、酔っ払いか何かかと警戒したけど、単に知らんぷりされただけで、ごくまともなお客さんだった。しかし、行先は銀座2丁目まで。要するにそういうことだ。

再び中央通りを下って列の最後尾を目指す。と、8丁目でハザードを点灯している車を発見。そこからは、じりじり、じりじり。新橋交差点まで10分、御成門まで10分、2周目の新橋交差点まで10分。直線に入って更に10分、計40分でようやく乗り場に。すると乗り場には20人ほどの列ができている。順番を数えて、自分のお客さんは…と見ると、年配の男性。ちょっと期待しつつ寄せる。行先は「せんかわ」。池袋の先の千川と、調布の甲州街道の仙川があるな、と一瞬思ったけど、調布のほうは「せんがわ」だったと気付く。お客さんに「池袋のほうの千川ですね」と聞く前でよかった(笑)。土橋から高速に乗り、北池袋で降りて川越街道をすぐ左折、要町通り近くまでで5千円強になり、時間はちょうど0時になる。

0時の営収は2万8千円。最悪の事態だけは回避できそうでほっとする。しかしここからどうするか。終電狙いでやるなら新宿や渋谷にも行けるけど、今日は余裕がないので移動のロスがもったいない。ということで夜はあまり近付かない池袋西口に移動。ここは質の悪い酔っ払いが多いと言われていて、歌舞伎町と並んで普段は避けている場所。近場でもいいからまともなお客さんに乗ってもらえたら…と要町通りで西口五差路へ行き、駅の乗り場の列が長かったので左折して劇場通りへ入る。

人が集まる交差点には待機列ができていてチャンスがない。そのまま川越街道に抜けて東口でも行ってみようかと思っていたら、男女4人組がコンビニ袋を下げてこちらを見ている。乗るのかな?と見ていたら、手を挙げるでもない。通り過ぎようとして、でも念のため止めてみるか、と寄せたら、やはりお客さんだった。

 「ときわ台まで。」
 「かしこまりました。」

全員が酔っている様子で、車内に一気にアルコール臭が充満する。ここで窓を開けるのは失礼だと思っているので、そのまま走る。すると、

 「○○ちゃん、大丈夫?吐くなよ?」

などと言っている。勘弁してくれ~と突っ走る。川越街道で環七を越えて常盤台に着き、ほっと一安心。すると女の子2人が降り、男性2人が残っている。え?と思ったら、

 「次、大泉で。」
 「大泉、かしこまりました。川越街道を行って、えーと…」
 「朝霞の自衛隊の裏あたりなんだけど、」
 「では川越街道から斜めに入る道ですね。」
 「そうそう、それ。」

男性2人は思ったより酔っていなかった。川越街道をひたすら下り、いったん和光市に入って川越街道と笹目通りの交差点(和光陸橋)を斜め左方向に進んで大泉へ。ここで男性1人が降車。降りるときに

 「最後は富士見市だから。浦所(うらとこ)バイパスを右に曲がって、あとは彼に聞いて。」
 「かしこまりました。」

再び川越街道に戻ってひたすらまっすぐ。英インターで463号に入り、みずほ台駅近くまでで、最終的に9700円になる。あと300円、惜しい(笑)。帰りは463号で川越街道を突っ切って所沢インターまで。この時点で1時過ぎ、戻るならやはり終電狙いでなるべく近いところ。ということで池袋に決定。あれだけ避けていたのに我ながら呆れる(笑)。関越~外環~5号線の高松で、池袋西口まで30分足らずで到着。あと15分かければ六本木に戻れたところだけど、それをケチってしまった。これが裏目に出て、池袋では雑司ヶ谷までのお客さんを乗せたのみ。ぐるぐる回って諦めて離脱、音羽通りの待機列を見に行く。思った通りの長い列に嫌気がさし、江戸川橋から早稲田方面を一回りして、抜弁天から新宿へ。と、明治通りに出る前にお客さん、東中野駅まで。西新宿へ戻って青梅街道下り線回りをやってみる。と、お客さん、南台まで。

ここで3時になる。営収は4万1千円。最悪の事態は回避できた。こうなると欲が出て、5万円をクリアして帰りたくなる。恐怖に震えていたのが嘘のようだ(笑)

再び西新宿に戻ると熊野神社近くでお客さん、歌舞伎町まで。区役所通りに入るよう指示されたものの、ひどい渋滞で入れず、入口まで。助かった(笑)。逃げるように新宿2丁目へ行くと団体のお客さんが次々とタクシーを止めている。期待しつつ並ぶと、四谷4丁目のホテルウィル新宿まで…。懲りずに2丁目に引き返してみるものの、今度はお客さんがいない。ということで西麻布経由六本木へ移動。

六本木はいつもと同じく空車が集まっている。西麻布方面から来て交差点を左折したら、待機列の間からお客さんが手招きしている。チケットで祖師谷まで、早いコースをということで外苑から首都高に乗って高井戸で降り、環八を千歳台まで下って右折。高速代込みで7千円ほどに。これで今日の六本木は終わり。あとは甲州街道で新宿へ戻って帰庫まで頑張ろう。

幡ヶ谷の手前でお客さん、中野警察署近くまで。中野新橋口から方南通りへ行き、新宿方向へ少し走ったらお客さん、新宿駅西口まで。時間は5時前、西口ロータリーには空車が3台並んでいる。並ぼうか迷ったけどやめて流すことに。朝なので中へ向かうお客さんを探すべく、青梅街道を下って鍋屋横丁を左折したところでお客さん、中目黒まで。戻りながらお客さんを探し、南台に近付いたら手が挙がる。「女子医大病院の近くまで、急ぎで」。青梅街道~税務署通り~職安通り~河田町右折で女子医大病院に着いたところで、お客さんが『東京医大病院』と『東京女子医大病院』を勘違いしていたことが判明!大急ぎで引き返し、千円くらいのところが3千円以上かかってしまい、更に悪いことをしたからとチップまでいただく。こっちが恐縮してしまったけど、うーん、あれは自分としてもどうしようもなかった…

ここで時間になったので回送に入れて帰庫。終わってみれば33回・5万5千円と、自分なりに悪くない数字になった。特に3時から6時までのいつもなら暇な時間帯に1万6千円やれたのが助かった。昼間あれだけ暇だったのは何だったんだろう。自分の回り方がまずかっただけで、実際にはお客さんはいたということだろうか…

本日のチップは8回で千円でした。4回に1回チップをもらうなんてことは今までなかったので、ちょっといい気分(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »