« 乗務19回目 やっぱり明け方? | トップページ | タクシー運賃のこと »

2007年9月16日 (日)

乗務20回目 凸凹な1日でガックリ

9/15(土)は久々の土曜日、そして3連休の初日。日中は期待できないだろうということで引き続き遅く出て遅く帰る作戦。11時に出庫してのんびり都心を目指す。今日はいつもと違う池袋。新宿に比べると地理知識が薄く(新宿もまあ薄いけど)、勉強のつもりで行ってみる。

駅近くで一度短距離のお客さんを乗せ、次はサンシャインにでも行ってみるかと走り出すと、六又交差点近くの病院の前で手が挙がる。寄せると、退院して自宅に帰る患者さんを乗せたいからちょっと待っていてくれとのこと。ドアとトランクを開けて車の後ろで待つ。近くの自宅までというパターンかなと思いきや、

 「百合ヶ丘まで行ってください。」
 「百合ヶ丘…でございますか?(さっぱりわからない)」
 「ああ、そのへんで首都高に乗って東名川崎で降りて、あとは言います。」
 「は、かしこまりました。ではこのあたりですと…東池袋から乗ってあとは首都高でよろしいでしょうか。」
 「お任せしますよ。このあたりはよくわからないから。」

まだ午前中、暇だろうと思って油断しきっていたのでびっくりした。連休で渋滞している池袋線を抜けるのに時間がかかったものの、竹橋Jctを過ぎてからは快調そのもの。大渋滞の3号上り線を横目で見ながらノンストップで東名に入る。と、3車線になって最初のカーブを曲がった瞬間に、ガチガチの大渋滞。東京料金所を通過するまで続く。川崎インターで一般道に降りてようやくスムースになる。結局1時間半近くかかって目的地に到着。1万500円になる。

いつものペースなら16時までに1万円やれればいいところを13時過ぎにはもう達成してしまった。これは楽になったなあと思いつつ帰路を考える。今来た道を戻っても、用賀で降りないと大変なことになりそうだし、246も渋滞間違いなし。ならば別の道をということで、世田谷通り方面に向かう。ところがこれが大失敗!片側1車線の道が延々と続き、しかも車が多くてしょっちゅう渋滞している。途中で逃げようにも地理がよくわからない。多摩川を渡って狛江を過ぎ、世田谷区内に入ったときにはもう14時を過ぎていた。世田谷通りも玉川通りも大渋滞ということで目黒通りを目指すものの、環八も大渋滞。もちろんお客さんの姿なんてない。やっとのことで目黒通りに入り、途中久々のお客さんを目黒駅まで乗せて、天現時橋交差点に戻ってきたのは15時。もう疲れ果ててしまった。

以前自家用車で川崎に来たときにも、幹線道路の渋滞には閉口した憶えがある。上手に抜ける方法もあるんだろうけど、まださっぱりわからない。やはり東名で来た道を引き返すのが無難だったんだろうか。

その後は六本木→表参道→西新宿とお客さんが続き、16時までの営収は1万5千円ほどに。いつもよりいいペースだけど、百合ヶ丘行きを除けばお客さんの感じも決して良くない。先が思いやられる。

新宿からは四谷をまわって六本木を目指す。国立新美術館の前を通りかかったら何やら人が大勢いるので並んでみる。前の2台はすぐ実車に。自分は10分ほど待ってお客さん、近くまで。二科展をやっているらしい。その後南麻布から自由が丘へのお客さん、目黒通りから自由通りへ、3500円ほどに。自由が丘の駅周辺の道は歩行者で溢れていて危ない。早々に離脱しようとしたらお客さん、九品仏駅まで。また逃げようとしたらお客さん、尾山台駅まで。はまってしまった…

こうなったら逆方向にということで、環八に出て中原街道で戻ることに。ここも石川台駅手前で渋滞にはまる。郊外の渋滞ほど嫌なものはない。お客さんはまず期待できないから、無駄にだらだら進むだけになってしまう。どうせここまで来たのだからと、環七を終わりまで走ってみることにし、南千束から平和島方向へ。道は空いてきたけどお客さんはなし。平和島の海岸通りとのジャンクションをぐるぐる回って遊んだりして、品川へガス補給に向かう。海岸通りはガラガラで快適。どうせお客さんもいないだろうということで2車線目を走っていたら、勝島で2回もお客さんらしき人の前を通り過ぎてしまった。うーん、集中力も落ちているのかも。

ガスを補給して再び海岸通りへ。今日も一応ビッグサイトへ行こうということで、レインボーブリッジに入る手前で寄り道をしたらお客さん、銀座まで。時間は19時前、既に中央通りは空車で渋滞している。土曜日はタクシーは少ないのかと思っていたけど、そうでもないのか。一応銀座の路地をぐるぐる回ってみるけど、空車の多さに嫌気がさし、汐留・竹芝経由でビッグサイトへ。途中四季劇場の幕間に出てきた人の群れを見かけたので、そこで休憩して終演を待とうかとも思ったけど、やっぱり1日1回はビッグサイトに行かないと落ち着かない(笑)

国際展示場駅が近付いてくると、人気が全くない。これはダメだろうなと思いつつタクシープールに入ると、顔見知りの人が何人かいる。今日は昼はそこそこだったらしいけど、もう終わってしまったのか。30分ほどしてお客さん、台場のホテルまで。戻ってみたけどもう人影はない。21時までの営収は2万3千円ほど。昼の万収の貯金はほどんどなくなってしまった…。

結局有明で2時間休憩して離脱。お台場を回ったら銀座へのお客さん。今日は土曜日で乗禁がないから、徹底的に銀座を流してみることにする。ところが本当に徹底的に流しただけで終わる(笑)。0時半頃、諦めて新橋経由六本木に移動。21時から0時までの間はお客さんはたった1回のみ、営収はやっと2万6千円に。もう完全に借金モードに入ってしまった。

六本木を流し、1時前にようやく木場へのお客さん。ところが忘れ物をしたとのことですぐに引き返す。六本木交差点周辺をぐるぐる回ってしまったせいで大幅に時間をロスしてしまい、木場に着いたのは30分後。その後近くへのお客さんを乗せ、再び銀座経由で六本木に戻るも、全く手は挙がらず。人はそれなりにいるようだけど、空車はもっと多い。

六本木~西麻布を1時間近く流してみるもののお客さんはゼロ。3時から1時間ほど横になり、ラストスパートに備える。4時過ぎ、飯田橋へのお客さん。そこからは四谷経由で西新宿へ。するとすぐにお客さん。

 「武蔵境ってわかります?」
 「はい、わかります。」
 「じゃあ方南通りから井の頭で。」
 「かしこまりました。」

井の頭通りといえば、前回六本木から武蔵境へのお客さんを乗せたとき、空いているにもかかわらず信号が多いせいでやたら時間がかかった。今回も似たようなもの。30分近くかかってしまう。6千円弱になってやっと4万円に届いたのは嬉しかったけど…

武蔵境にて、時間は5時過ぎ、帰庫は7時、営収は4万円ちょい。もう一発は狙えない。日曜の朝、都心へ向かう人がどれだけいるのかわからないけど、一応新宿へ戻ってみることにする。というか戻るしかない(笑)

一応あと2回営業して終了。20回、4万2千円という結果に。夜になってからがちょっとひどすぎた。ビッグサイトに行ってしまったというのももちろんあるけど、都心でお客さんをゲットできなかったのが痛い。一体どうすれば良かったのか?銀座・新橋・六本木がだめで新宿へ移動したけど、さっさと新宿に行けばよかったのか?わからない。同じ時間帯に出庫して7万円やってきた先輩もいた。あれだけお客さんがいなかったのに、どこでどうやれば7万円になるのか、さっぱりわからない。

本日のチップは某大企業の会長様からの180円のみ。このところチップはほとんどもらっていない。まあチップだからそれでいいんだけど、何か接客に問題があるのか?これもわからない。

|

« 乗務19回目 やっぱり明け方? | トップページ | タクシー運賃のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/417085/7968075

この記事へのトラックバック一覧です: 乗務20回目 凸凹な1日でガックリ:

« 乗務19回目 やっぱり明け方? | トップページ | タクシー運賃のこと »